株式会社テレマルシェはGreenRoads(グリーンローズ)の正規販売代理店としてCBD製品を取り揃えています。
 

WHY GREEN ROADS?

Green Roadsが選ばれる理由

CBDに関する企業は、みなその製品が最高である言うことでしょう。ラボテストやQRコードなど、品質管理手段が標準になりつつあるため、すべてのCBDブランドが同じように見えます。しかし実際のところはそうではありません。 Green Roadsのような確固たるブランドを知ることで、その違いがわかることでしょう。それは、続いて紹介する特徴が物語っています。これらは、私たちが毎年業界賞を受賞し、多数の5つ星のレビューを獲得し、お客様の生活を向上させている理由のほんの一部にすぎませんが、ご紹介しましょう。

より良い口当たりを可能にしたGreen RoadsのCBDオイル

多くの方々が人がその品質の違いを実感するのが、Green RoadsのCBDオイルです。Green Roadsのオイルの味と感触は、医薬品業界における研究経験とリーダーシップによるものです。当社のCEO兼共同創設者であるLaura Fuentesは、調合薬剤師の資格と25年の経験を有し、何年にも渡り、オイルの吸収率を上げるための成分処方を研究してきました。多くのCBD企業が行う、MCTオイルやオリーブオイルへの単なるCBD注入ではなく、Laura Fuentesは、甘味と心地よい口当たりを実現した独自のブレンドを作り上げました。そのため、ホワイトラベルではなく、Green Roadsのような確固たるブランドを選ぶことが大切です。ホワイトラベルとは、製造メーカーから完成品を購入し、それぞれの会社・ブランドとしてラベルして販売することです。実際のところ、CBDブランドの大多数は実際にはホワイトラベルです。様々なホワイトラベルのCBDがあったとしても、それはラベルが異なるだけです。一方で、Green Roadsのようなオリジナルの製品を有するものについては、その違いは分子レベルの品質にあります。

市場に出回っているホワイトラベルのCBDオイルは、味や口当たりが悪いものが多いです。口の中にキャノーラ油を入れることを想像してみてください。想像しただけでも不快ですし、なるべく早く口から吐き出したいと思うでしょう。

驚くことに、多くのCBDオイルに対して、この我慢して薬を飲むようなイメージをCBDオイルに対して持っているのです。一方で、Green Roads CBDオイルを口にすれば、Green Roadsの独自の技術と品質の高さを実感されることになります。